アメリカの利上げ

アメリカの労働環境は今、利上げの危機に立っています。アメリカは、リーマンショック以降の経済が立ち直り、ゼロ金利政策をやめたいと思っています。しかし、利上げをしてしまうと、どんなことが起こるのでしょうか?

アメリカの米連邦準備理事会は利上げの見送りを発表しました。これはまだ、世界経済が利上げに耐えられない危険性があると判断したからでしょう。利上げをすることによってアメリカのみならず、世界への波及効果が、どれくらいのものか測りかねています。

新興国ではアメリカの利上がされるという前段階から通貨危機が起ころうとしています。1997年にはアメリカの政策によって実際にアジア通貨危機が起こっています。東南アジアを始め、韓国やロシアでも影響が大きく出ました。

今回も新興国のブラジルやインドネシア、南アフリカ、トルコなどは通貨危機の危険が迫っています。実際にどんなことが起こるのでしょうか?

アメリカが利上げをすると、アメリカに資金が回収されます。今までのゼロ金利政策と違いアメリカからお金を借りることは困難になり、ドル高で自国の通貨の価値は暴落します。

その結果なにが起こるのでしょうか?それはインフレです。物価が上がるのは輸入の原材料費が高騰するためです。インフレによって前の2倍程度の貨幣を支払って、モノを買わなければなりません。もちろん労働者の賃金が増えることはなく、生活は一気に苦しくなります。こういった通貨危機が今そこまで来ているのです。

日本も無関係ではありません。世界経済の影響は日本にもやってきます。中国の例が顕著です。今まだ中国のバブル崩壊が始まったところで世界の経済は様子見状態です。しかしマーケットは反応し、世界で株価が下がっています。

こういった時期にアメリカが利上げをすることは大変慎重に取り組まなければなりません。世界の労働者が、アメリカの利上げの影響を受けるといっても過言ではありません。